最も安いカーシェア・レンタカーを検索
カーシェアリング

ホンダのカーシェア、愛犬用アクセサリー装着車両の「Dogs with EveryGo」をスタート

シェアする

ペットブームなのにカーシェアではペットNG?

PEXELS

少子高齢化、孫ゼロ化、等々多くの問題が発生していますが、それとともに大人気となっているのが空前のペットブームです。

リーマンショック以降の世界的な低金利時代はかつて例を見ない金余り状況を作り出していますが、値上がりしているのは不動産ばかりではありません。

ペットのワンちゃんの価格も驚くほど高騰しています。誰が買うのか不思議なくらいの価格ですが、軽く中古車が買えるほどの価格のついたワンちゃんも少なくありません。

17世紀(日本では江戸時代初期)のオランダのチューリップ投機では、チューリップの球根一つで家が買えたといわれています。さすがにそこまではいかないでしょうが、100万円以上の価格のついたワンちゃんは結構います。

そんな大人気となっているペットブームですから、ワンちゃんと一緒に旅行したいという買主さんも多く、ペットOK旅館やホテルまで大人気となっています。

現在、世の中は新型コロナウィルス騒動で大変なことになっています。

海外旅行客大幅減少となっていますので、ペット解禁する旅館やホテルは大幅に増加しそうです。

遂に出たホンダeの量産モデル公開!カーシェア利用はいつ?

カレコ 新バナー

カーシェアではペットNGって?

PEXELS

さて、そんなペット大ブームから、もはや家族同然のペットともに旅行に行きたいという人は増加しているのですが、何と、急成長しているカーシェアリングサービスでは、基本ペットNGとなっています。

カーシェア大手3社のタイムズカーシェア、カレコ、オリックスカーシェアではいずれもペットNGとなっており、このことはほとんどのカーシェアリングサービスでは、ペットは乗せられないことになります。

タイムズカーシェアの場合には、以前はペットの同乗を条件付(ケージに入れる、清掃するなど)で認めていましたが、これを守らないユーザーが散見されたためペットNGになったという経緯があるようです。

ということで、ペット愛好家がワンちゃんをクルマに乗せるには、マイカーもしくはレンタカーということになりますが、実は数は少ないながらもカーシェアで条件付きでペットの同乗を認めている事業者が2社あります。

その2社とは、EveryGoカリテコです。

 

ホンダ「Dogs with EveryGo」を開始

EveryGo公式サイト

自動車メーカーとして初めてカーシェア業界に参入したホンダのEveryGoは、名阪地区を中心に展開するカリテコとともに、数少ないペット同乗OKのカーシェアリングサービスです。

EveryGoでは、ペットをケージに入れて同乗し、利用中はペットを車内に出さないこと、利用後は次のユーザーのために車内の清掃をすることを条件として、ペットの同乗が可能です。(汚損・異臭が発生した場合にはNOCが請求されることがあります。)

ペット愛好家がカーシェアリングサービスを利用しようとすれば、EveryGoもしくはカリテコということになりますが、さらに、EveryGoでは「Dogs with EveryGo」というペット専用のサービスも開始しました。

ペット愛好家は、ますますホンダのEveryGoに注目ということになりそうです。

 

Dogs with EveryGoの詳細は

EveryGo公式サイト

Dogs with EveryGoとは、ホンダの純正愛犬用アクセサリー「Honda Dogシリーズ」を装着したカーシェアリングサービスです。

これまでは、ケージをステーションまでペットとともに運ぶ必要がありましたが、ケージがあらかじめ装着済みの車両が用意されていますので、飼い主にとっては非常に便利なサービスとなります。

また、Honda Dogシリーズとは、ホンダアクセスが開発する純正アクセサリーで、クルマでの愛犬とのお出かけをより快適にするためのペット用アクセサリーです。

対象となるEveryGoの車両に「ペットシートプラスわん」(上記写真のケージ)を装着し、小型犬1頭または超小型犬2等までを助手席乗せることが可能です。

また、ペットシートプラスわん内にはリードフックも装備されており、メッシュカバーを閉めれば愛犬の飛び出しを防ぐことが可能です。

このペットシートプラスわんに加えて、シートカバーなどの純正アクセサリーが提供されます。

Dogs with EveryGoの対象ステーション

東京:NPC24H世田谷中町ステーション(東京都世田谷区)N-BOXカスタム

東京:中野富士見町駅前ステーション(東京都中野区)N-ONE

横浜:横浜駅西口ステーション(横浜市西区)N-BOXカスタム

大坂:AP平野宮町ステーション(大阪市平野区)N-ONE

 

多様化するカーシェアのサービス

PEXELS

短時間利用に最も大きなメリットがあるといわれるカーシェア、これはペットの買主さんであるユーザーにとっても同じことが言えます。

ちょっと買い物がてらにペットのトリミングもすませたい、こんなニーズはきっと多いはずでしょう。

子供の塾の送迎にカーシェアを利用という需要に加えて、ペットのトリミングの送迎にカーシェアリ利用する需要も意外と馬鹿に出来ないような気がします。

現時点では、ペットOKのカーシェアは少ない状況ですが、少子高齢化やペットブームという状況を考えると、潜在需要は計り知れないものがあるのではないでしょうか?

 

ペットを乗せるなら個人間カーシェアという手も

PEXELS

カーシェアの場合には、短時間利用の場合には非常にメリットが大きいのですが、1日以上借りる場合などには、かえってレンタカーのほうが安いケースが多くなります。

レンタカーの場合には、ペット対応車も多くありますので安心ですが、レンタカー料金のほうは結構高くなります。(カーシェアはさらに高くなるケースがほとんどです。)

家族同然の愛犬とペット専用ホテルや旅館に泊まる場合、レンタカーならペットを同乗可能ですが料金は安くはありません。

そんな時に検討したいのは、高級輸入車やワンボックスカーが大人気の個人間カーシェアです。

もちろん、高級輸入車やワンボックスカー以外のクルマも豊富に提供されており、ペットOKのクルマも提供されています。(オーナー次第です。)

利用料金は、レンタカーに比べると非常にリーズナブルな料金設定となっているケースがほとんどですから、選択肢の一つに入れてみてはどうでしょうか?

 

まとめ

ホンダのEveryGoから、ペット専用サービスとして「Dogs with EveryGo」がリリースされました。提供されているステーションは4か所となりますが、今後増えていくことが予想されます。

カーシェアリングサービスではペットはNG、というイメージもありますが、少子高齢化の時代、今後はペットブームとともにペット用のカーシェアリングサービスも増えてきそうです。

そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH』で探してみることをおすすめします!

トヨタシェア・日産e-シェアモビ・Honda EveryGo、大手自動車メーカーのカーシェアリングサービス徹底比較!

 

 

 

 

 

 

シェアする
お近くのカーシェアが最安1時間540円〜

カレコ 新バナー