自動車を高く売る
新着情報

自動車を売るためにはどうしたらいいの?トラブルを起こさず高く売る方法について

シェアする

自動車はディーラーや中古車などに行けば、書類さえ揃っていれば、さほど時間がかからず購入できます。逆に、自分の自動車を手放そうと思った時には、トラブルに巻き込まれずに高く売りたいと誰もが思うでしょう。

ただ、自動車に限らず、物は買う時は簡単ですが、売ることは難しいものです。これまでは自動車を売るために、大きく分けると個人売買と買い取り業者やディーラーに売却する方法がありました。

ただ、本当に高く買い取ってもらえるかどうか不安に思っている人は多いと思います。この記事を読んで頂ければ、それぞれの売り方のメリットやデメリットが理解でき、売る急ぎは禁物な事が理解できると思います。

個人売買にはリスクがたくさん隠されている

車を売るリスク
pexels.com

個人売買は自動車を売る方法の中ではもっともシンプルです。ただ、上手く取引できれば高く売れますが、リスクは多いですね。

いわゆる個人売買といっても、友人や知人に売る事ばかりではりません。ネットオークションに出品して、落札してもらい売る方法もありますので、ご紹介します。

友人や知人に自分の自動車を売る際のメリットとデメリット

友人や知人に自分の自動車を売るメリットとして考えられるのは、値段交渉がしやすく、高く買ってくれる可能性があるからです。自分の言い値で買ってもらえればラッキーですよね。

ただ、デメリットとして考えたいのが、自動車の事故歴や傷をしっかり伝えたとしても、売った後に不具合などが発生すると、お金を出して買った友人や知人は強気になって、クレームを言い出すことがあるからです。

普段、よく会う友人や知人なら、文句も言いやすいという訳です。

また、一括で自動車の代金を払ってもらえれば問題はありませんが、分割にしてほしいと言い出された場合、しっかり最後まで払ってくれるかどうか分からないというリスクが伴います

ネットオークションに出品して売る際にも注意が必要

ネットオークションで車を売る
pexels.com

ネットオークションでも個人売買と同様のデメリットがありますので、落札前や落札後売る相手にしっかり自動車を見てもらうことは重要です。

ただ、知人や友人ではない他人ゆえに、自分の自動車を見せた後、クレームを言われた挙句、商談を破棄される可能性があります。

また、自分の自動車を見てもらう場合に注意してもらいたいのが、場所です。自分が駐車場を借りている場所や、自宅に駐車している場合は自宅で自分の自動車を見せるのは絶対やめてください。相手は見ず知らずの人ということを忘れないでください。

もちろんこのようなリスクも考えて、オークションに出品している人も多いでしょうが、自動車を見せた後に、少し経って自動車が忽然と消えてしまう可能性もあるからです。

そのため、自動車を見せる場合は、駐車している場所から、離れたコインパーキングなどに移動した方がよいかもしれません。それでも、商談が破断した後に、追跡されて自宅や駐車している場所を突き止められる可能性は十分あります。

特に、高級車やビンテージ車をオークションに出すときは注意が必要ですね。

また、オークションに掲載する自動車の画像も、駐車場所を特定できる目印や目標物が映らないようにするか、周囲にモザイク処理してください。

名義変更にもリスクが隠されている

車の個人売買には様々な書類が必要
pexels.com

自動車を個人売買する場合には、名義変更などを行う必要があり、売り手である自分がやらなければならなくなる場合があります。

車を売る自分が用意しなければならないものには、印鑑証明をはじめ、譲渡証明書、委任状、車検証、自動車税納税証明書、自賠責保険証明書、自動車リサイクル券などがあります。

車を売る自分の印鑑証明書は、発行されてから3ヶ月以内という期限があります。譲渡証明書には、車を売る自分の実印が押されていなければなりません。

委任状、譲渡証明書はインターネットからの入手可能。委任状には、車を売る自分の実印が押されていなければなりません。

車庫証明は、売買が成立して、名義変更手続きを実施する際に有効期間が残っている必要があります。

自動車税納税証明書は自動車税を収めた時にもらえる領収書のことです。

自賠責保険証明書は、車検ごとに収めている自賠責保険の証明書です。

自動車リサイクル券は自動車のリサイクル料金を納めた時に頂けます。

これだけの書類を用意した上に、手続きは全て自分でやらなければならないことに加え、買う相手からの書類も必要です。

売り手の自分がしっかり書類を用意して準備しても、もし、買い手である相手が中々書類を用意してもらえないと、困ったことになりますよね。

例えば、自動車を売って、引き渡したとしても、名義変更がされずに、放置されてしまうと、税金のトラブルが発生する可能性があります。

また、売った自動車が交通事故などを引き起こした場合、まだ名義変更は完了していないので、所有者のあなたが巻き込まれる可能性もあります。

カレコ 新バナー

ディーラー下取りで売る方法

業者に売る場合には、個人売買のように売買におけるデメリットは少ないです。

ただ、お店で売る場合、相手は交渉術にたけたプロなので、それなりのデメリットもあります。

例えば、ディーラーで新車購入を検討しており、値引き交渉に決裂しそうになった時に、ディーラーの営業マンがよく、今乗っている自動車を高く下取りますと言い出すことがあります。

この場合、実質的に、値引き額が上乗せになるようなイメージになりますよね。でも、よく考えてください、本当にディーラーの営業マンが言った買い取り価格が適正なのでしょうか?

例えば、ディーラーなどの中古車の査定は、7年落ちの自動車の殆は、買い取り価格は0円になることは多いですが、人気車種だと値段が付くこともあるのです。無論、ディーラーの言い値で売らなくてはならなくなるので、立場も弱いですよね。

そういった状況で、自分の自動車の手放すのは得策なのでしょうか?買い取り専門業者や中古車店で売る場合も似たようなもので、相手の言い値で売る事になるのですが、本当にその値段が適正か疑問が残ります。

売り急がず、一括査定ができるサイトでまずは見積もりをする

インターネットで車買取り査定
pexels.com

現代は、情報社会が高度に発達したネット社会。焦って、売り急ぐよりはまず、情報収集がとても大切です。

一括査定ができるサイトなら、買い取り業者や中古業者を実際に渡り歩くより、時間も手間もかかりません。査定の仕方も簡単で、メーカー名、車種名、年式、走行距離を入れるだけです。

多くのお店から、査定額を聞くことで、納得できる査定額を見つけ出すことができるはずですよね。下記のサイトは、情報入力の項目が圧倒的に少なく買取り先も大手ばかりなので、非常にオススメです!

DRIVE go SEARCH 査定

まとめ

自分の自動車を売る事を考えた場合、個人売買はメリットよりリスクのほうが多そうですよね。

ディーラーで下取り車として売ったり、買い取り業者や中古車店に売ったりする方法でも、一カ所のお店の言い値を鵜呑みにして、売ってしまうこともおススメできません。

かといって、お店を何軒も回っている時間や手間は無駄だとおもいませんか?

今は、インターネットにアクセスして、一括見積サイトでメーカー名、車種名、年式、走行距離を入れるだけ、複数の会社から、見積もりが届きます

焦って、大切な自動車を売り急ぐより、まずはこちらの一括見積サイトで情報を仕入れてみませんか?

シェアする
カレコ 新バナー