カーシェアリングとマイカー購入の手間の違い
カーシェアリングとマイカー比較

自動車の購入にこれだけ手間もお金もかかる!カーシェアリングとマイカー(自家用車)の比較

シェアする

マイカー(自家用車)という言葉が浸透している日本では、自動車という乗り物は、単なる移動するための道具といった考えに留まらず、自動車を所有する喜び、自動車は趣味などに使うのに便利といったこともあり、普及していました。

確かに、休日にコイン洗車場などでマイカー(自家用車)を一生懸命洗い、ワックスをかけている人は多いですよね。

また、カー用品店などの駐車場にはマイカー(自家用車)が多く駐車されており、店内にはマイカーに必要なオイルやタイヤなどを買い求めるお客さんで賑わっています。このようなことから考えても、マイカーへの愛着を持っている人が多いことはうかがえます。

ただ、マイカー(自家用車)とういう考え方も少しずつ変わってきて、自動車は購入する対象から、必要な時に借りて、必要でなくなったら返却するといった考え方を持つ人も増えてきました。

こういった考えを持つ人が増えた背景に、タイムズカープラスをはじめとするカーシェアリングがあります。ここでは、自動車を購入するまでを紹介しながら、カーシェアリングとの比較をします。

自動車の情報収集をする際のマイカー(自家用車)とカーシェアリングの比較

カーシェアリングとマイカーの情報収集
pexels.com

輸入車と国産車を含めて、数多くの自動車が販売されています。例えば、自動車のタイプだけでも、定番のセダンをはじめ、ワゴン、SUV、ハッチバックミニバンなど様々。

また、今はエンジンとモーターを使ったハイブリッドやディーゼルエンジンを搭載した自動車もあります。更に、国産の自動車メーカーだけも日産、Honda、トヨタ、マツダ、スズキ、スバルなど数多くありますので、この中のメーカーの自動車の中から選ぶことになります。

ただ、膨大な時間と労力をかけて選んだ自動車でも購入できるのは1台、お金も持ちでも2~3台かもしれません。せっかく、お目当ての自動車を購入しても、実際乗り続けていると、思ってもいなかった不満が出てくるものです。

例えば、思ったよりも燃費が悪かったり、高速道路でパワー不足を感じたり。。。

一方、カーシェアリングであれば、ご紹介した自動車のタイプだけでも、定番のセダンをはじめ、ワゴン、SUV、ハッチバックミニバンなどが用意されていることが多く、人気のハイブリッド車もあります。

その日の気分、自動車を使う目的に合わせて、自動車が選べるカーシェアリング、いままで自動車は所有するものといった固定観念を打ち砕く存在となっています。

今日は自動車で峠を走ってみたいと思ったらスポーツ指向の自動車を借りることができますし、今日は釣りに行くので荷物が多い場合は、ワゴンを借りることもできる訳です。お友達とワイワイ楽しくドライブするためにミニバンを借りる事も可能です。

宿泊を伴うアウトドアに出かけるときには、車中泊に便利な荷室が広いタイプのワゴンを借りることもできるので便利ですよね。自動車を購入してしまうと、1台の自動車で運転者の全てのニーズに応えることは不可能ですが、カーシェアリングなら可能になります。

カレコ 新バナー

自動車を購入する際のマイカー(自家用車)とカーシェアリングの比較

カーシェアリングを使用する女性
pexels.com

お目当ての自動車が決まったら、直面する可能性が高いのが購入資金の問題です。軽自動車でも、フル装備にすると150万円を超えることがあるので、自動車は決して安い買い物ではありません。現金一括払いにするにしろ、ローンにするにしろ、購入資金の問題にぶち当たったら、値引き交渉という結果になるかもしれません。

ただ、この値引き交渉は意外とやっかいで、競合車種の見積もりを引き合いに出したり、下取り車の価格を上げてもらったりと、営業マンにあれやこれやと話さなければならないので、とても疲れてしまいますよね。更に同じメーカーの同じ車種、同じグレードであっても、販売される時期によって、値引き額が変わりますので、厄介です。

ディーラーを何店舗も回って、値引き交渉を繰り返すうちに疲れ切ってしまうこともあります。

ご紹介した値引き交渉が上手くいって購入資金の問題をクリアし、契約の段階になって、発生するのは駐車場の問題です。地方であれば数千円で借り事もできますが、首都圏、特に東京23区だと、駐車場を借りるためには月3万円程かかるこことがあり、とても高いです。年間で換算すると36万円となります。

更に、自動車を購入するために、自動車保管場所証明書、印鑑証明書が必要で、更に委任状が必要な場合もあります。自動車保管場所証明書は、駐車場があることを証明するものです。

自動車保管場所証明書を入手するために警察署に行く必要があり、自動車の保管する場所の所在図をはじめ、配置図、保管場所使用承諾書が必要になり、なかなか面倒な手続きですよね。

一方、カーシェアリングであれば、自動車を購入する訳ではないので、値引き交渉という面倒なことはないですし、購入にかかる高額な費用や駐車代はかかりません

まとめ

面倒な値引き交渉に苦労した後、長い時間をかけて手に入れたマイカーであっても、実際乗り出してみると、意外と燃費が悪かったり、高速道路でのパワー不足を感じたりして、がっかりすることはあります。カーシェアリングであれば、自動車購入にかかる資金繰りや交渉といった面倒なことは一切ありません。

カーシェアリングの料金は月額基本料金と利用料金がかかる場合がほとんどですが、年会費無料といったカーシェアリングもあります。カーシェアリングで、色々な車種を乗り比べて比較してから、気に入った自動車を購入することも可能なので、ぜひ利用してみてくださいね。

そんなカーシェアリングをあなたの街で探すなら、『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH(ドライブゴーサーチ)』でぜひ検索してみてください。

シェアする
カレコ 新バナー