クルマ維持費
カーシェアリングとマイカー比較

カーシェアリングとマイカーのコストはカーシェアリングの圧勝!では自家用車(マイカー)のメリットは?

シェアする

かつては憧れだったクルマも、今は所有しないほうがトレンド!?

かつては、クルマを所有することは一人前の大人になった証、と考えられている風潮がありました。まだクルマがステイタスシンボルとして見られていたこともあり、できればより高いクルマを所有することがみんなの憧れでもあったのです。

しかし、時代は変わりました。今はクルマは憧れというよりは、ただの移動の道具と考えている人が増えてきたともいえるでしょう。かつては「わ」ナンバーの(レンタカーの象徴。カーシェアリングも「わ」です)クルマに乗っていると、「車を持っておらず恥ずかしい」なんて思いをしたという人もいるようですが、今やそんなことは誰も気にしなくなりました

むしろクルマは所有せず、必要に応じてレンタカーやカーシェアリングで借りる、そんなライフスタイルの方がオシャレだと認識されだしたともいえます。

カレコ 新バナー

クルマ離れの原因はやはりコストの高さ。車両価格以外にも維持費がこんなに。

そういう考えが主流になった要因のひとつは、クルマを所有することに対するコストの大きさがあるでしょう。

例えばプリウスを新車で購入すると、車両価格はグレードにもよりますが約280万円。プリウスは減税対象なので約7万円の自動車取得税は0円となり、また翌年の自動車税は1万円となりますが、自賠責保険が年間1万2915円重量税が7500円、そしてこれは強制ではありませんが絶対に加入するべき任意保険は車両保険も入れると年間およそ6万円です。

そしてガソリン代ですが、仮に月500km走行する場合、プリウスの実燃費を20km/Lとしたら月に 25Lのガソリンが必要となります。1Lあたり140円とすると2800円かかります。

車庫を借りてプリウスを買って10年乗ると、トータルで650万円も必要!?

そして問題なのが駐車場です。自宅にガレージがある場合は良いですが、もし借りるとなった場合はかなりの出費。もちろん地域にもよりますが、都内だったら最低でも2万円はかかるでしょう。これら維持費だけで年間35万4015円もかかるのです。

さらに自家用車の場合は整備も自己負担です。今時のクルマはトラブルもほぼありませんが、消耗品の交換や定期点検で年に5万円、さらに車検の年は整備費が相殺されてもさらに5万円ほどはかかるでしょう。

クルマ維持・整備
https://www.photo-ac.com

こうやって見てみるとプリウスを新車で買って10年間乗り続けると、その総コストは700万円ほどにもなります。仮に10年後に売却して50万円ほどで売れたとしても約650万円、これを毎月平均にすると約5万4000円となります。

まだプリウスだから免税があったり燃費が良かったりなどの好材料があっての数字。車種によってはこれより多くかかる可能性も十分にあります。

カーシェアリングでプリウスを借りると所有する場合の半分以下のコスト

これに対してカーシェアリングはどうでしょうか。やはりプリウスをタイムズカープラスで借りて月に500km使用すると、プリウスの使用料は15分で206円ですから24時間パックを選択すると8230円です。

距離料金は1kmあたり16円なので500kmで8000円となって合計1万6230円です。ここから基本料金の1030円が引かれると一ヶ月のコストは1万5200円となります。

もはや比較の必要もないくらい、カーシェアリングのほうが安く済ませることができます。収入が右肩上がりという時代でもありませんし、これではクルマ所有をやめてカーシェアリングにしよう、という人が増えても不思議ではありませんね。

価格差だけでは計れない、クルマを所有する満足感

このようにコストだけをみると、クルマを所有することにあまりメリットは見出せません。しかし、クルマを購入することはそんなに意味がないのか、と考えると、決してそんなことはない、と言いたくなってしまいます。

まずクルマに限ったことではありませんが、物にはみな所有する喜びというものがあります。特にクルマのような高額商品だと、何を買おうかとあれこれ考える時間や、ディーラーでの下見や試乗、購入にあたってのやりとり、そして納車までの時間など、経験したことがある人はわかると思いますが、それらの購入プロセスも実にワクワクとした楽しいものです。

そして自分が気に入って選んだクルマが手元にくれば、愛着もひとしおでしょう。恐らく、これらは決してカーシェアリングでは味わえません

クルマ購入
https://www.photo-ac.com

自由にクルマを使えるメリット。コスト差をどのように判断するか

もちろんそのような精神的なものだけではなく、クルマを所有するメリットは他にもあります。まずカーシェアリングのように何日の何時から何時間使うのか、という細かなことを事前に決める必要がありません。またカーシェアリングだと週末などは予約が一杯で使えないことがしばしばありますが、自分のクルマならそんな心配も一切なしです。

車内でタバコを吸おうが、ペットを乗せようが、すべて自分の自由にできます。前の利用者がゴミを残していったおかげで嫌な思いをした、なんてこともありません。また好きな用品を装着したりパーツを交換したりと言った、自分なりのモディファイを施すこともできます。まさに自由自在、特にクルマにちょっとでも興味があれば、やっぱり自分のクルマがあるっていいな、と思うはずです。

クルマを所有してカーシェアリングを活用。複数台所有の気分を味わおう

そしてクルマが好きな人の場合、本当はスポーツカーに乗りたいのに家族がいるから無理、という人も多いのではないでしょうか。実はそんな人こそ、カーシェアリングを利用するべきかもしれません。自分は好きなスポーツカーを所有し、実用としてクルマが欲しいときにはカーシェアリングを利用すればよいのですから。

そしていろんなタイプのクルマを選べるのがカーシェアリングのメリットですから、子供の野球チームの送り迎えの時はミニバンを、ちょっとした買い物に行く時はコンパクトハッチバックを、家族で旅行に行く時はSUVを、冠婚葬祭にはセダンを、という具合にTPOに合わせて好きなクルマが使えるのです。

またはその逆で、自分では家族のためにミニバンを所有しているが、たまにカーシェアでスポーツカーやSUVのドライブを楽しむ、というのもアリでしょう。夢の複数台所有の気分が手軽に味わえてしまうのですから、利用しない手はありません。

コスパのカーシェアリング、利便性と満足感のマイカー。あなたはどちらを選ぶ?

単純にコストだけを比較したらカーシェアリングの圧勝です。しかし利便性と満足度ではマイカーにはかないません。特にクルマに興味がある人にとっては所有する意義は大きいでしょう。

そしてクルマを所有していても、カーシェアリングを賢く使うことによってカーライフはさらに便利になります。果たして自分にはどのようなパターンがふさわしいのか、じっくりと考えてみてはいかがでしょうか。

他にもカーシェアリングとレンタカーの情報は、カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH(ドライブゴーサーチ)で調べてみましょう。

シェアする
カレコ 新バナー