トヨタC-HR
カーシェアリングとマイカー比較 トヨタ

カーシェアは売れているクルマをスマートに借りちゃうのが賢い!?

シェアする

Beautiful Monster……女性誌や美容雑誌の特集タイトルかと思ったら、トヨタの新型セダン“カムリ”のキャッチコピーでした。カムリと聞いておじさん世代ならピンとくるかもしれませんが、最近の日本ではいまひとつぱっとしない印象。けれどこのカムリ、世界の100ヵ国以上で販売されるグローバルカーで、アメリカではものすごく売れているトップセラーなんです。そんなカムリはお財布にやさしいハイブリッドシステムを採用しているのが大きな魅力なのだけれど、新型は思いっきり“見ため推し”で登場したというわけ。 確かに、人もクルマも外観は大事ですよね。だれだってカッコ悪いクルマには乗りたくないと思いますが、「トヨタがココまでやるかっ」とびっくりするほど、突き抜けたデザインが与えられ、いまとっても注目を浴びているのがC-HRです。

トヨタC-HR
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

SUVはカッコが命??? 背が高くてもみんなスタイリッシュで個性派

2016年12月に発売され、瞬く間に大人気モデルとなったトヨタC-HRは、既存のラインナップにはなかったまったく新しいトヨタのSUV。いまやミニバンと並んで幅広いカスタマーにウケのいいSUVですが、ところでみなさん、SUVってなんの略称かご存じですか? これはSports Utility Vehicleの頭文字をとったもので、つまりスポーティな乗り味を持ちながら、実用性に優れ多目的に使えるクルマということ。ワゴンから派生したような5ドアハッチバックボディで、荒れた路面を苦手にしないクロスカントリーモデルみたいな成り立ちを持つことが多いようですが、たとえば日産ジュークホンダ・ヴェゼルマツダCX-3など、C-HRのライバルと目されるコンパクトSUVは、どれもスタイリッシュ。しかもちゃんと個性を主張していて、存在感バツグンです。

トヨタC-HR
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/
カレコ 新バナー

C-HRがメインストリーム? コンパクトSUVの新顔は一歩前をゆく

ところでコンパクトSUVと書きましたが、トヨタ・ハリアー日産エクストレイルマツダCX-5といったこれまで日本のSUV人気を牽引してきた全長が4.5m、全幅が1.8mを優に超えるモデルたちと比較すると、C-HRは全長、全幅、全高が4360×1795×1550mm(グレード:S)とひと回り小さくなります。ジュークやヴェゼル、CX-3も同様で、これらのモデルはコンパクトSUVと括られます。 たくさんの人の心を掴んでいるコンパクトSUVは、使い勝手の良さだけでなくスポーツカーとは異なる優れたデザイン性も大きな魅力になっているのですが、トヨタC-HRは一歩前を走っている感じ。トヨタは「圧倒的な個性を感じさせる“Distinctive(独特)”なエクステリアスタイル」と表現していますが、激戦区へ投入する新型車としては、個性派揃いのライバルの中にあってもはっきりと違いをアピールして存在感を際立たせるため、これくらいの大胆さが必要だったのでしょう。

トヨタC-HR
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

 

ガンダム世代以外にも刺さるその人気の秘密は高級感にあった

アグレッシブなエクステリアデザインのポイントは、メリハリをきかせた彫りの深い造形にあります。とくにシャープさと力強さを印象づける顔立ちや、大きく張り出したフェンダーの造形など、どこかガンダムチックな雰囲気を湛えつつも、上質さがしっかり伝わってくる仕上がりのため、そこにはコドモっぽさがありません。そんなところも幅広い層から人気を得ている理由のようですが、全体的には躍動感とスピード感のあるプロポーションにまとめられており、まさに最新SUVの面目躍如といったところでしょうか。 また、とても目を引く多彩なボディカラーを用意しているのもC-HRの特徴です。新規開発色の「ラディアントグリーンメタリック」をはじめ、トヨタの国内販売モデルにはこれまで設定がなかったセンシュアルレッドマイカなどインパクトのあるボディカラーのほか、メタルストリームメタリックダークブラウンマイカメタリックといった美しさ際立つ8色が用意されています。

トヨタC-HR
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

カレコ・カーシェアリングクラブでトヨタC-HRを借りちゃおう!

そんなキャッチーでインパクト大のフォルムを、最近街中でよく見かけるなぁと思ったら、トヨタC-HRってホント売れているんですね。2017年上半期(2017年1~6月)における販売台数は79,303台(自販連調べ)で、SUV新車販売台数堂々第1位を獲得。中でも4月は販売台数が13,168台となり、軽自動車を含めた新車販売台数でもなんと1位になりました。 だからC-HRの姿をご覧になって、ちょっと気になっている方はけっこう多いんじゃないでしょうか? ならば、カーシェアリングを利用してステアリングを握ってみてはいかがでしょう。トヨタC-HRはカレコ・カーシェアリングクラブで借りることができます。カレコ・カーシェアリングクラブは、新型車の導入に積極的で、C-HRのほかにもトヨタ・プリウスマツダCX-5ホンダ・フリードトヨタ・タンクなど、昨年から今年にかけてモデルチェンジしたり新登場した人気者をたくさん揃えているんです。最新モデルの乗り味を確かめつつ、カーシェアリングで日常の行動範囲を広げるのも良し、購入前にどんなクルマか確かめてみるために活用するも良し。比較的新しいクルマを利用したいなら、カレコ・カーシェアリングクラブは要チェックですよ

トヨタC-HR
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

トヨタC-HRは日常のひとコマを、さらに楽しいものにしてくれる

そうそう、C-HRの魅力はカタチだけじゃありません。C-HRはトヨタが「もっといいクルマづくり」の実現に向けて取り組んでいるTNGA(Toyota New Global Architecture)のプリウスに続く第2弾として投入したモデルで、クルマとしての基本性能や、運動性能、操縦安定性なども高いレベルでまとめられています。また室内に目を向けてみると、質感・形状・色など細部にこだわり、大人の感性に響く意匠を追求していて、上質な移動空間としても満足できるはず。メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向け、運転に集中できるよう配慮したレイアウトは、きっと痛快なドライビング体験をもたらしてくれると思います。 C-HRには1.8Lエンジンを搭載するハイブリッド(グレード:S、G[FF])と1.2Lターボの4WDモデル(グレード:S-T、G-T)がラインナップされていますが、カレコ・カーシェアリングクラブで用意しているのはすべて後者です。もし、どうしてもハイブリッドモデルに乗ってみたいならトヨタレンタカーで借りるという手があります。ほかにもカーシェアやレンタカーの特徴比較などに興味があれば、カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH(ドライブゴーサーチ)で調べてみてくださいね。

トヨタC-HR
http://newsroom.toyota.co.jp/jp/

 

シェアする
カレコ 新バナー