N-BOX
カーシェアリングの料金 トヨタ ホンダ

国産カーシェア、一番価格が高いクルマと安い車は何!?

シェアする

最も安いクルマと最も高いクルマを調査

今やカーシェアには数多くの車種が用意されていてよりどりみどりですが、純粋にこれらのクルマの価格ってどれくらいなんだろう、と思ったことはありませんか?そこで、主なカーシェアの会社が用意するクルマの中で、最も安い車と最も高いクルマを調べてみました。 同じクルマでもエンジンやグレードによって価格は大きく変わってきますが、ここでは現在販売されている日本車で、そのクルマのメインとなる中間的なグレードで比較してみましょう。カレコ・カーシェアリングで用意されているキャンピングカーは、価格が不明なので今回は省きます。

カレコ 新バナー

タイムズとカレコが軽自動車を用意

まず、最も安いクルマですが、やはりボディサイズが小さいクルマは価格も安い傾向がありますから、やはり軽自動車が一番安いのでは、と思ってしまいますよね。カーシェア各社のクルマを見ると、タイムズカープラスにはスズキ・ハスラーホンダN-BOX三菱i-MiEVがラインナップされています。またカレコ・カーシェアリングにもホンダN-BOX三菱i-MiEVが用意されています。オリックスカーシェアには軽自動車の用意はありません。

僅かな差で最安はホンダN-BOX

さて、その価格を見るとスズキ・ハスラーは107万8920〜186万6,240円と幅がありますが、売れセンと思われる「G」が127万3320円、そしてN-BOXは119万8,000円〜180万9,400円。やはり中心グレードの「G」が127万円。他にもトヨタ・ヴィッツはかなり安いクルマですが、現時点でカーシェアに用意されているのは旧モデルなので、ここでは除外します。というわけで、カーシェアのラインナップの中で、最も安いクルマはホンダN-BOXということになりますね。

広い室内が自慢のベストセラー軽

N-BOXは軽自動車の販売台数で2年連続No.1を獲得した軽自動車のベストセラーです。累計の販売台数は107万台を超えていますから、いかに人気かがわかりますね。スクエアなボディに個性的なフロントフェイスは存在感たっぷりで、軽自動車とは思えないほど。またその室内は広大で、特に後席は頭上、足元共に広々としています。完全にフラットな床は移動も楽ですし、リヤシートは左右独立してスライドやリクライニングも可能。シートのスライド位置によってラゲッジの容量も調整ができて、リヤドアはスライド式なので狭い場所での乗り降りも楽です。

N-BOX室内
https://www.hondanews.info/ja/

乗り心地も良し、全方位で優れているN-BOX

プラットフォームはホンダがこのNシリーズのために新開発したもので、乗り心地や静粛性も軽自動車の中でもトップレベル。全方位でのレベルの高さが魅力だと言えるクルマでしょう。2017年の8月31日には新型の発表が予定されていますから、現在のモデルはまさに熟成が極まった1台。今回の用事は軽自動車で十分、という時には選んでおいて間違いはありません。

キング・オブ・ミニバンのヴェルファイアが高額車No.1

では、カーシェアで最も高いクルマは何でしょうか?レクサス‥‥ではありません。何と、カレコ・カーシェアリングで借りることができるトヨタ・ヴェルファイアなんです。ヴェルファイアは日本車のミニバンでは最大級のボディを持つ大型ミニバン、アルファードの兄弟車で、押し出しの強いフロントフェイスが特徴。その堂々とした佇まいは、まさに「キング・オブ・ミニバン」にふさわしいといえるでしょう。

ヴェルファイアフロント
http://newsroom.toyota.co.jp

トヨタ社長の専用車両になるほどの広さと快適性

その堂々たるボディを活かした室内の広さは流石で、中央席に座っているとリムジンに乗っている気分トヨタの豊田章男社長の専用車両がアルファードということからも、その快適性がよくわかります。広さと極上の乗り心地に加えて、装備も快適装備から安全機能まで、およそ考えられるものはすべて設定されています。「ミニバン界のクラウン」、それがヴェルファイア&アルファードなのです。

ヴェルファイア室内
http://newsroom.toyota.co.jp

3.5LのV6エンジンに加えてアルパイン製AVを装備

そしてカレコ・カーシェアリングがラインナップしているヴェルファイアは3.5L仕様。これはV6エンジンを搭載したハイスペックモデルで、パワーは280ps、トルクは35.1kgmを誇ります。ボディは2tを超える重量級ですが、このV6エンジンでキビキビと走ることができるのです。さらに室内にはアルパイン製のAV機器、後席用モニターが備わったスペシャル仕様というから、すごいですね。

車両価格とAV機器で500万円を優にオーバー

気になる車両価格は、3.5Lの「VL」のFF(前輪駆動)が484万2,327円。そしてアルパインのAV機器だけでプラス50万円くらいはかかっているはずです。やはりカレコ・カーシェアリングが用意しているレクサスISも500万円クラスですが、今回は特別装備も含めてヴェルファイアが最も高価であると判定しました。

ヴェルファイアインパネ
http://newsroom.toyota.co.jp

車両価格差ほど料金に差はない

ホンダN-BOXはタイムズカープラスで15分206円で、カレコ・カーシェアリングでは10分130円で借りることができます。そしてトヨタ・ヴェルファイアはカレコ・カーシェアリングで10分240円で借りられます。そうやって比べながら考えると高いクルマの方が相対的に安く借りられるわけですね。カーシェアでクルマを借りる時に、クルマそのものの価格はあまり関係がないということ。だからこそ、どんどん高いクルマを借りて楽しんではいかがでしょうか。このほかにも、カーシェアの情報は、カーシェアリング・レンタカー比較の DRIVE go SEARCH(ドライブゴーサーチ)で調べてみましょう。

シェアする
カレコ 新バナー