カーシェアリング

スマートキーが電池切れでドアの開閉ができない!こんな時どうする?

シェアする

クルマの鍵はスマートキーに

クルマとキー
https://www.photo-ac.com

一昔前までは、クルマといえば、クルマの鍵をドアシリンダー(鍵穴)に差し込んで解錠し、クルマのエンジンをかけるためには鍵を回してエンジンをかけましたが、今では、このようなクルマの鍵の存在すら知らない人もいるのではないでしょうか。

スマートキーが登場してからは、スマートキーはポケットに入れたままでもスタートボタンを押せばエンジンはかかりますし、クルマのドアの解錠はボタン一つで可能となりました。

何事も生活が便利になることは良いことですが、クルマのドアを解錠しようと、いつものようにスマートキーのボタンを押したけどドアが反応しない。この場合には、仮にドアが開いたとしても、プッシュスタートのボタンを押してもエンジンがかかることはありません。

こんな経験をしたことのある人も少なくはないでしょうが、このようなケースではどう対処すればよいのでしょうか?

 

カレコ 新バナー

スマートキーの定義とは

JAF公式サイト

最近では、スマートキーがほとんどというところでしょうが、中古車やカーシェアリングサービス・レンタカーで提供されるクルマにはいろいろなタイプの鍵があります。

自動車メーカーにもよりますが、「キーレス」と呼んだり、「スマートキー」と呼んだりしていますが、「キーレス」のクルマもまだまだ多くあります。

両者の違いは、キーレスは「キーレスエントリー」あるいは「リモコンキー」ともいわれますが、ボタンを押してドアの解錠を行うまではスマートキーと同じですが、エンジンをかける際には、従来のクルマと同じように鍵を差し込んで回してエンジンをかけるというものです。

タイムズカープラスでは、アクアなどがキーレスタイプのものがまだ利用されていると思います。

これに対して、スマートキーの場合には、エンジンもスタートボタンを押して掛けますし、最近では、ドアの解錠の際にもボタンを押さなくとも、スマートキーを身に付けていれば上記の写真のようにドアノブに触るだけで解錠できるタイプのものが増えています。

 

各自動車メーカーで名称が異なることも

JAF公式サイト

スマートフォンの流れからでしょうか、近年はスマート~という名称のものが一般化していますが、実はスマートキーについては、各自動車メーカーでその名称は微妙に異なっています。

スマートキーという名称を使っているのはトヨタ自動車、日産ではインテリジェントキー、ホンダではHONDAスマートキー、マツダではアドバンスキー、また、輸入車では、BMWとボルボでリモートコントロールキーと呼んでいますが、これは日本向けかもしれませんね。

その他にもいろいろありますが、自動車のキーは自動車のキーということでしょうが、最近は一般的にスマートキーで通用するようになっています。

 

スマートキーが電池切れ、こんな時どうする

もはやスマートキーなしではクルマとは言えない、と考えている人も多いのではないでしょうか。それくらいに便利の良いスマートキーですが、当然ですが、スマートキーの電池切れが発生するとドアも解錠・ロックできませんし、エンジンもかからなくなります。

こんな時にはどう対処すればよいのでしょうか。

いくつかの方法があるのですが、最も手っ取り早い方法としては、近くにコンビニなどがある場合には、スマートキーで使用するタイプの電池を売っている可能性があります。

スマートキーの電池交換は誰でも簡単に行えますので、電池交換してしまうのが最も早い解決方法になるはずです。クルマの利用頻度にもよりますが、電池の寿命は1~2年前後となりますので、交換用電池を自宅に予備として置いておくと安心できます。スマートキーで使用されている電池は数百円前後のものです。

次に、電池交換ができない場合の解決方法です。

近くにコンビニなどがない場合や急いでいる場合には、この方法を利用しましょう。

スマートキーの内部には、鍵(自動車のキー)が内蔵されているタイプのものが多く、簡単に取り出すことができるようになっています。取説にはきちんと説明されていますが、取説を読んでいなくても取り出すことはそれほど難しくはありません。内蔵されているスマートキーの場合にはキーを取り出して、キーシリンダーに差し込めばドアを解錠できます。

このケースでは、クルマによっては盗難防止装置を作動させてしまうこともありますので注意しましょう。

それでは、スタートボタンはどう対処すればよいのでしょう。

これもごく簡単で、スマートキーをスタートボタンにかざすだけで、実はエンジンがかかるようになっています。事前に練習で試しておくとよいでしょう。

 

スマートキーの電池はどこで購入できるの

photoAC

上記のように、最近ではコンビニで購入できるものも増えていますが、自動車メーカーや車種によって使われている電池は異なりますので、事前に調べておくと便利です。

コンビニで取り扱っていない場合には、電器屋さんかホームセンターなどに行けばほぼ確実に置いてあるはずです。

Amazonなどの通販でと考える人もいるでしょうが、200~300円で買えるものも多いので送料のほうが高くなったりすることもあります。

電池自体は丸い薄型のタイプですから、予備として常に財布に入れている人もいるようです。

 

リレーアタックにご注意!

このように、スマートキーは私たちのカーライフの利便性を大きく向上させてくれましたが、何事にも表と裏があるように、スマートキーの利便性を狙った犯罪も発生するようになっています。

その犯罪名は「リレーアタック」、スマートキーの特性を悪用した犯罪です。

スマートキーの特性とは、スマートキーは1mくらいしか飛ばない微弱電波を常時出しており、スマートキーを所持している状態でドアノブなどに触れると車両側から電波が発射され、スマートキーと通信してドアロック解除するという仕組みです。この電波の中に暗号が含まれているため同じスマートキーでないと稼働することはありません。

「リレーアタック」は、このスマートキーの特性を逆手に取る盗難方法です。スマートキーを持った人が買い物などで自分のクルマから離れたところを狙い、1人は車両の近くに、もう1人はスマートキーに接近し常時出されている微弱電波をキャッチし、増幅してスマートキーと同じ電波を車両近くにいるもう1人の受信器に飛ばします。

この状態でドアノブを触ればドアロックは解除されるという仕組みです。

車両側では、ドアロックを解除したらそのまま乗り込んでスタートボタンを押せば、スマートキーがあると判断されてエンジンも簡単にかかり、あっという間に盗難成功というわけです。

今後増えそうな犯罪ですが、電波を遮断することで防ぐことが可能ですので、様々な対策やグッズも登場しています。

 

まとめ

今のスマートキーでも充分に利便性の高いものですが、今後はさらに進化したものが登場するのでしょうね。もはや、鍵自体がなくなるのかもしれません。

カーシェアリングサービスのクルマも、ほとんどのクルマにスマートキーが採用されていますが、利用時にドアを解錠するのは会員カードやスマホ、あるいは免許証となります。

そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH』で探してみることをおすすめします!

 

シェアする
カレコ 新バナー