カーシェアリング

レンタカーの満タン返しで損しない方法

シェアする

レンタカーは満タン返しが基本

photoAC

カーシェアリングとは異なり、レンタカー利用の場合には原則として返却時にガソリン満タン返しする必要があります。つまり、ガソリン代は利用者負担ということで、返却直前に給油し、場合によっては給油所(ガソリンスタンド)も指定してあるケースもあります。

使用したガソリンは元の状態に戻して返却してくださいということです。ほとんどのレンタカー利用者は義務的に返却直前に満タンにして返せばよいのだろうということで、スタンドに立ち寄り「満タンでお願いします」とガソリンスタンドの店員さんに依頼するか、セルフの場合には、自分できっちりと満タンにして返却しようとするでしょう。

しかし、この何気ない当たり前の義務的と考えている行為で損していることがあるかもしれないということをご存知でしょうか?おそらく、ほとんどのレンタカー利用者は気にしていないかもしれませんが、返却時の給油時には気を付けておきたい事実があるのです。

 

カレコ 新バナー

レンタカーの満タン返しで損しているケースとは

photoAC

レンタカーの満タン返しで損しているとは、どのようねケースに起こりうるのでしょうか。単純に考えれば、使用したガソリン量よりも多くのガソリンを入れて返却するということになります。

ただし、通常はそのようなことが発生しないように、レンタカー会社でも満タンの状態で貸し出すようにしていますし、そうであるならば満タン返しで返却しても損することは無いであろうと普通は考えてしまいます。

ところが、クルマのガソリンタンクはガソリンの膨張等を考慮して、スペック容量よりも大きく作られているのです。逆のケースとしては、とっくにエンプティランプが点滅しているにもかかわらず、想定外に走り続けて助かったことがある人も多いでしょうが、このケースでは容量以上にガソリンが入ったいたためと考えられます。

つまり、レンタカーの満タン返しで損するケースとは、スペック容量以上のガソリンを入れてしまったケースとなり、給油時に自動停止した後にガソリンを入れてしまうと満タン以上のガソリンを給油していることになり、ユーザーが存する可能性が高くなります。

セルフで自分でガソリンを入れている場合には、自動停止でストップすればスペック容量以上のガソリンを給油することはありませんが、セルフ方式ではないガソリンスタンドでは、ガソリンスタンドの店員さんは自動停止の後にも入れるだけのガソリンを給油しようとしますので、この場合には要注意です。

レンタカー会社の規約には、満タン返却の場合にはガソリンスタンドの店員さんに「自動停止以上は給油しないでください」と伝えてください、と明記されているケースがほとんどです。

 

スペック容量以上にガソリンが入るのはなぜ?

photoAC

クルマほど便利なものはないと考える人は多いでしょう。これさえあれば、さほど苦労せずに道路がある限りどこにでも行くことができるわけですから、まさに現代の「どこでもドア」的な存在であるのです。ところが、クルマは燃料がないと走りませんので、ガス欠になると「どこでもドア」から単なる鉄の塊となってしまいます。

一度ガス欠を経験すると、二度とこんな思いはしたくないとほとんどの人は思うでしょうから、レンタカーの満タン返し以外では、ガソリンタンクは少しくらいスペックよりも大きいほうがガス欠を免れるかもしれないというメリットになります。高速道路ではガス欠は整備不良として違反となりますのでなおさらです。

実際には、取扱説明書やカタログに記載されているスペック容量きっとりに作られていることは無く、スペック容量は少し少なめに表示されているのです。逆に、スペック容量を大目に表示して実際の容量は少ないということになると多くのトラブルが発生するでしょう。

また、構造的な問題もあり、クルマのタンクというのはタンク単体で口いっぱいまでの量をさしていますが、実際にはそこから給油口までパイプや空気抜きのホースなどがあり、当然そこにもガソリンは入りますのでスペック容量よりも多く入ります。

 

カーシェアでは満タン返しの必要なし

タイムズー給油カード
http://plus.timescar.jp/news/2014/0120.html

この点、カーシェアの場合には満タン返しの必要がありませんので、返却時にガソリンスタンドによる必要はありません。レンタカーと比べた場合のカーシェアリングの大きなメリットでもあります。

カーシェアの給油は、原則として、ユーザーがガソリン残量をみて適時給油するということになります。シェアードサービスですから、自分以外の利用者のためにもガソリン残量が少ない場合には面倒でも給油するようにしたいものです。

もちろん、カーシェア事業者のほうでも、一定以上の量の給油をしてくれたユーザーには料金面でのサービスが提供されます。(タイムズカープラスの場合には15分が無料になる)

また、カーシェア事業者のほうでもメンテ時や定期的な巡回時に給油することもあります。カーシェアで給油する場合には、画面のようなカードが常備されていますので、これを利用すれば簡単に給油できます。

 

カーシェアの給油で気を付けたいこと

短時間利用にメリットの大きなカーシェアリングですから、短時間利用のうちにガソリンを給油するというのはなかなか面倒な作業となりますが、実際には、自分で給油するという機会はそれほどないというのが実情のようです。ただし、可能性としては自分の前の利用者が長時間利用して給油せずに返却した場合には、エンプティに近い状況ということも稀にあります。

逆に言うと、カーシェアリングユーザーとして気を付けたいのは、自分が利用した際にエンプティランプがすでに点滅しているにもかかわらず、時間がないなどの理由で給油せずに返却し、そのままサービスセンターなどにも連絡をしない場合で、このケースでは、最悪の場合には次の利用者がガス欠となる可能性があります。

タイムズカープラスの場合には、エンプティランプが点滅しているにもかかわらず、給油もサービスセンターへの連絡もなく、次の利用者からその旨の報告があった場合には、厳しく注意される可能性があります。

事業者の提供するカーシェアサービスとは言え、他のユーザーも使用するわけですから、せっかくの利便性の高い格安サービスなのですから皆で気持ちよくシェアしたいものです。

 

まとめ

意外と知らなかったという人も多いかもしれませんが、クルマのガソリンタンクはスペック容量では少なめに表示されており、実際には多めに入るようになっています。レンタカーでの満タン返しの場合には損する可能性がありますので注意しましょう。

その点、カーシェアリングなら給油の心配はほとんどありませんので安心して利用することができます。そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH』で探してみることをおすすめします!

シェアする
カレコ 新バナー