カーシェアリング

輸入車のホイールが汚れていたのは昔の話?何故、汚れにくくなったのか!

シェアする

特に汚れが目立っていたのはドイツ車のホイール

PEXELS

最近ではあまり見かけなくなりましたが、一昔前までは、輸入車のタイヤホイールに汚れの目立つものが多くありました。筆者もカーシェアヘビーユーザー(自称)の前までは、長らくBMWに乗っていましたが、何が苦労したかというと洗車時のホイールの汚れ落としでした。

当初は、輸入車ってこんなものだろうと考えていましたが、特に汚れが目立つのはベンツやBMWなどのドイツ車で、これにはそれなりの理由があって、ホイールが汚れるようになっていました。

問題なのは、この汚れが簡単には落ちないということで、洗車機で洗車するくらいではほとんど汚れが落ちないために、洗車前にホイールの汚れを落として洗車する必要がありました。

 

カレコ 新バナー

ホイールの汚れの正体とは

PEXELS

ホイールの汚れの正体とは、ブレーキダストと呼ばれるもので、ブレーキが削れて発生しホイールに付着することでなかなか落ちない汚れとなります。

最近のクルマの多くには、ディスクブレーキが採用されています。このディスクブレーキとは、ブレーキペダルを踏むと油圧の力によってブレーキパッドを作動させ、ディスクローターに当てることでタイヤの回転を止める仕組みのブレーキです。ブレーキパッドとブレーキローターが擦れ合うため、その削れた金属破片がホイールに付着します。

この金属破片は、長時間放置すると取れにくくなるため、一度付着すると雨などでは落ちなくなります。

 

ドイツ車のホイールが汚れるのは何故

PEXELS

ホイールが汚れる理由はわかりましたが、それでは、何故ドイツ車は汚れやすくなっているのでしょうか?国産車のホイールが汚れるという話はあまり聞きませんよね。

ドイツ車の素材には、高い速度でも安全に止まれるブレーキが重要視されます。とくに、ドイツ車であるベンツやBMWはアウトバーン(一部、速度無制限)など200km/h近い速度で走ることが想定されているからです。そのため、ブレーキの効きを優先して強めていることから、ブレーキパッドとローターの摩耗の摩耗が激しくなった結果、ブレーキダストが大量に発生します。

これに対して、国産車の場合、国産車に使われる一般的な素材は、「長持ち、ブレーキ鳴きの低減、低コスト」を重要視して開発されています。

簡単に言えば、国産車などの場合には、ドイツ車のような高速走行でも確実に止まるような仕組みにする必要がなく(日本ではそこまで速度が出せないため)、ブレーキダストがそれほど発生することはなく、ホイールの汚れもほとんど目立ちません。

 

最近の輸入車のホイールはきれいになった

しかし、最近はホイールの汚れたドイツ車をみることも以前と比べると非常に少なくなっています。何が起こったのかというと、以前のドイツのアウトバーンを意識したようなブレーキパッドではなく、US仕様のブレーキパッドが採用されるようになってきたのです。

ベンツやBMWは世界的に売れているクルマですから、ドイツ以外の国では、このホイールの汚れは悪評判として知られていました。つまり、営業的な戦略でしょうが、日本での輸入車にも以前のものではなく、このUS仕様のブレーキパッドが採用されるようになったのです。

BMWでは、5~6年前からこのUSブレーキパッドが採用されるようになりましたが、これにより、国産車同様に洗車時にホイールの汚れ落としで悩むことはなくなりました。

ただし、それ以前の中古車に関しては、ブレーキダスト問題は解消されておらず、洗車時にきれいに落とす必要があります。

 

ホイールの汚れはどうしたらきれいに落ちる

PEXELS

以前、筆者が洗車する際には、洗車場に用意されていたタイヤ周り用の洗浄液できれいにして、それから洗車することでほぼきれいになっていました。それ以前には、カーショップでブレーキダスト用の洗浄タオル(ウェットタイプのもの)でホイールを拭いていました。これでもきれいになるのですが、いかんせん、手が汚れてしまい、手についたダストもなかなか落ちませんでした

問題なのは、せっかく洗車してきれいにしても、また1~2週間もすればすぐに汚れてしまうことです。そこで、洗車後に市販の専用コーティング剤(ブレーキダストの付着を防ぐ)を仕上げとしてホイールに塗っておくと、しばらくはブレーキダストの付着を防ぐことができます。

ただし、一度コーティング剤を塗っても時間がたつと汚れてきますので、定期的な洗車が必要となります。目安としては、ホイールの細部にブレーキダストが付着し始めたら洗車するとよいでしょう。

 

カーシェアのベンツ・BMWのホイールは汚れていません

カレコ Audi A3 Sportback

人気車種であるBMW、ベンツ、Audiなどのドイツ車は、カーシェアリングサービスでもそれなりに提供されています。特に、カレコではベンツ中心に100台以上のクルマが提供されています。

カーシェアリングで提供されているベンツやBMWのホイールは汚れていないのでしょうか?もちろん、汚れていることはまずないでしょう。カーシェアリングで提供されているクルマは比較的新しいクルマになりますので、ほとんどの輸入車がUS仕様のブレーキパッドが採用されています。

仮に、古いクルマがあったとしても、毎週のようにメンテが行われていますので都度清掃されているはずです。

ただし、個人間カーシェアの場合には、年式によってはEUパッドが採用されているものもあり、その場合にはホイールに汚れが付着している可能性もあります。あとは、クルマのオーナーさんがこまめに清掃しているかどうかということになりますね。

個人間カーシェアでは、人気ナンバー1のBMWですから、利用する前にはホイールの汚れもチェックしておくとよいですね。

 

まとめ

今となっては昔話となってしまいそうですが、ベンツやBMWなどのドイツ車では、高速走行の際(200km/h)にもブレーキがしっかりと効くシステムとなっており、そのため、ブレーキダストが大量に発生しホイールに付着してしまうということがありました。

この5~6年に販売された新車については、US仕様のブレーキパッドが採用されているため、ブレーキダストはほとんど発生せず、ホイールが汚れることもなくなりました。

カーシェアリングサービスでも、カレコを中心にベンツやBMWが提供されていますが、カーシェアのクルマの場合にはホイールが汚れていることはなさそうですね。ただし、個人間カーシェアで人気のBMWの車種については年式によっては汚れている可能性もあります。

そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH』で探してみることをおすすめします!

 

シェアする
カレコ 新バナー