カーシェアリング

運転中にヘッドライトの球が切れたら違法?

シェアする

ドライバーにとってのヘッドライトの重要性

pexels

 

夜間走行する際には、視界を確保するためにヘッドライトを点灯させて運転しますが、ヘッドライトの点灯には、ドライバーの視界を確保するという役割に加えて、もう一つ重要な役割として、対向車や歩行者などにこちらの存在を知らせるということがあります。

夕方の薄暗い時間帯の早期点灯や雨天時など見通しの悪い時の点灯が事故発生率低下につながることは知られていますが、自分の視界確保のみでヘッドライトを使用するだけではなく、意識的に他にこちらの存在を知らせようとしてヘッドライトを使用することは実は非常に重要なわけです。

また、ヘッドライトには、ロービームとハイビームがあり、街中でハイビームを使用すると対向車や前方のクルマ、歩行者などを幻惑させることになり、多くのドライバーは必要以上にロービームで走行しています。

しかし、ハイビームでは照らせる距離がおよそ100mなのに対して、ロービームで照らせる距離はおよそ40mと半分以下となっており、地方の道や街灯がない暗い夜道などではハイビームを利用していれば防げたはずの事故が多く発生しているという問題もあり、ロービームとハイビームの積極的な切り替えが重要となります。

 

カレコ 新バナー

運転中のヘッドライトの球切れは違法?

pexels

 

稀に、走行中にヘッドライトの球が切れているクルマを見かけることもあります。特に、両方とも球が切れていると夜間は危険ですから走行しているクルマも見かけることはありませんが、片方だけの球が切れている状態で走っているクルマは見かけることがあります。この球切れ走行は違反行為となるのでしょうか。

結論から言うと、片方でもヘッドライトの球が切れている状態で走行すると、法的には、「整備不良」ということで罰則を受けることになります。整備不良で検挙されると反則金と違反点数が科せられますので、ヘッドライトが切れてしまっていることに気づいたら早めに対処するようにしましょう。

整備不良でキップを切られた場合には、制御装置の場合には違反点数2点・反則金9,000円、尾灯などの場合には違反点数1点・反則金7,000円が科せられることになります。

 

走行中にたまたま切れた場合

運悪くというか、たまたま走行中にヘッドライトの球が切れてしまうこともよくあることで、夜間走行での球切れは事故の原因ともなりますので、よほどのことでもない場合や確信犯でもない限りは普通は危険を冒してまで運転しようという人も少ないでしょう。

つまり、ヘッドライトの球切れの多くはたまたま走行中に切れてしまうことが多く、警察に検挙された場合でも、事情を説明して、たまたまであることや気づかなかったことをきちんと説明したら、キップは切られないことも多くあります。例えば、カーシェアユーザーの場合には、ほぼ100%近くがたまたまということになるでしょうから、きちんと説明すれば切符を切られない可能性は高いでしょう。

特に、車検や定期点検からそれほど時間がたっていない場合には説得力は増しますし、カーシェアやレンタカーの場合にはそれぞれの業者がきちんと整備を行っているはずですから、加えて、乗車前に自分でも点検していればもはやたまたま以外の何物でもなく、この状態で運が悪かったですねといって切符を切る警察官の方も少ないと思われます。

スピード違反や信号無視などとは異なり、ほとんどのケースが故意的ではないケースとなりますので、注意のみで終わることが多いようです。

 

ヘッドライトの球切れを事前に防ぐには点検で確認しておく

pexels

 

たまたまヘッドライトの球が切れていた場合には、検挙されてもキップを切られることは無く口頭注意のみで終わる可能性は高いでしょうが、これも必ずというわけではなくケースバイケースでは切符を切られることもあります。

さすがにたまたまの球切れでキップを切られるのも納得はいきませんので、これを防ぐためにはやはり事前の点検が重要なポイントとなります。特に、ライト系やタイヤ周りの点検は簡単にできますので、ライト系であれば最低限点灯するかどうかだけでも確認しておくと検挙される可能性は低くなりますし、仮に検挙されても言い訳としては非常に説得力のある言い訳ができます。

通常の日常点検では、ライト類を確認する場合、ヘッドライト、スモールライト、ウィンカーなどすべてのライト類のスイッチ操作して、確実に点灯・点滅しているかどうかを社外から確認します。

ただし走行中に球切れしてしまった場合には、これはもはやどうしようもなく、定期点検などで一定のタイミングで球を交換するなどしておく以外には対策はないでしょう。

 

カーシェアリングでも重要なライト類の点検作業

カーシェア3社

 

カーシェアリングユーザーの中には、普段はそれほどクルマを運転しないという人も多くいますので、ライト類の点検になれていない人がほとんどでしょう。また、時間制で10~15分単位で課金されるカーシェアリングの場合には、運転になれている人でも点検している時間なんてないよという人も多いのが実情です。

ただし、国内のカーシェアリングサービスの場合には、その大半がカーシェア事業者が提供するカーシェアリングサービスとなりますので、点検・清掃・給油などがカーシェアリング事業者によって定期的に行われていますので、マイカー利用に比べると、ヘッドライトの球切れにたまたま遭遇する可能性は極めて低くなります。

マイカー所有の場合には、自分以外の誰もやってくれませんが、カーシェアリングの場合にはカーシェアリング事業者が、同様にレンタカー利用の場合にもレンタカー事業者が点検作業を行ってくれますので、これはカーシェアやレンタカーの大きなメリットでもあります。

とは言え、本来のカーシェアリングの発想からは、他のユーザーのことも考えて、ナイトパックなどを利用する場合には簡単なライト類の点検くらいは行いたいものですし、一人一人のユーザーが点検することでさらにさらに素晴らしいサービスになるでしょう。

 

まとめ

点検さえしっかりとしていたら、めったに遭遇することもありませんが、クルマが機械である以上は避けて通ることができないのが故障です。中には、30年運転しても1度も故障の経験がない人もいるでしょうし、免許取って数か月で故障を経験する人もいます。

まさに運次第ともいえるでしょうが、点検が行き届いているクルマの場合にはその可能性は低くなりますし、中でもカーシェアのクルマのように定期的な点検が実施されているクルマや運転毎に簡単な点検をしているとさらに故障する可能性は低くなります。ライト類の点検は誰でも簡単に時間をかけずにできますので、安全のため励行する習慣をつけておきたいものです。

そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH』で探してみることをおすすめします!

 

 

シェアする
カレコ 新バナー