スバルXVリヤ
スバル

オシャレなクロスオーバー、スバルXVをカーシェアリングで借りてみよう

シェアする

今回は、カーシェアリングで借りられるクロスオーバー車の「スバルXV」について、具体的に何が良いのかなどをご紹介していきます。

SUVと普通の乗用車のいいとこ取り

最近は普通の乗用車とSUVのいいとこ取りをしたようなクルマが人気ですね。あまりハードな雰囲気は求めないけど、かといって普通ではつまらない。そんなニーズが増えているのでしょう。

そこで通常のハッチバック車をベースに、ちょっと車高をアップして悪路での走破性を高めて、ボディの下まわりを傷から守る樹脂パーツでカバーして雰囲気もちょっとだけワイルドに…… そんなクルマが世界中で注目を集めています。クロスオーバー車、なんて言われることもあるようですね。

そんなクロスオーバーは、カーシェアリングにもあります。それがタイムズカープラスとカレコ・カーシェアリングクラブで借りることができるスバルXVです。ではこのXV、どのようなクルマなのか、詳しく見てみましょう。

カレコ 新バナー

インプレッサをベースに車高を55mmアップ

XVは、スバルのインプレッサをベースとしたクロスオーバーSUVで、初登場は2010年。当初はインプレッサXVという名でしたが、2代目からはインプレッサが外れてスバルXVとなりました。ちなみに2017年に3代目が登場していますが、タイムズもカレコも用意しているのは2代目です。

スバルXVフロント
https://www.media.subaru-global.com

XVはサスペンションを専用のものに変更し、またタイヤも225/55R17という大径タイプを採用することで、最低地上高をベースのインプレッサより55mmも高い200mmにアップさせています。これくらいの地上高があれば、ちょっとした河原などに乗り出してもフロアを打つ心配はほとんどないでしょう。

個性的なルックスと意外なほどの使いやすさ

ボディはサイドシルと前後フェンダーにブラックの樹脂パネルが装着され、ワイルドな雰囲気を感じさせます。リヤバンパーはディフューザー形状となっていて、中央にリヤフォグランプが配置されているのも、スポーティですね。

そしてボディを引き締めているのがユニークなデザインのアルミホイール。ブラックの中に輝く星型のシルバーのラインが印象的で、遠くから見てもすぐにわかるほどの存在感です。

「車高が高くなっていることで、乗り降りがしづらいんじゃ……と思ってしまいそうですが、むしろ逆。シートのお尻の位置がちょうどいい高さにあり、自然に乗降できるのです。それでいて全高は1550mm に抑えられているので、ほとんどの立体駐車場に入ることができるというのも、嬉しいですね。

2L水平対向エンジンを搭載した4WD

エンジンはスバル得意の水平対向エンジン。これをフロントに縦置き搭載して、前後のタイヤを駆動する4WD方式です。これらのパワートレインが左右対象に配置されているので、重量バランスが優れているのも特徴です。

スバルXVパワートレイン
https://www.media.subaru-global.com

排気量は2Lで、パワーは150ps、トルクは196Nmです。ちなみにカレコのXVはハイブリッド。同じ2L水平対向4気筒エンジンに13.6ps、65Nmのモーターを加えています。ただしモーターはアシスト程度なので、ハイブリッド感はやや薄いかもしれません。

室内もラゲッジルームも十分な広さ

インテリアは「質実剛健」のスバルらしく、華やかさや先進性はあまりありません。ただし、各操作スイッチなどはわかりやすく、使い方に戸惑うことはないでしょう。

 

スバルXVインパネ
https://www.media.subaru-global.com

インプレッサベースなのでボディサイズはあまり大きくない(全長4450mm、全幅1780mm、全高1550mm)のですが、リヤシートの広さも十分なレベルで、足元も頭上もかなりの余裕があります。ラゲッジルーム容量は380Lで、このクラスとしては広いほうだと言えます。自転車を載せやすいようにと天地高を高くとったというエピソードも、アウドトドアユースを意識したXVらしいですね。

また、ハイブリッドはラゲッジのフロアが30mmほど高くなりますが、言われなければ気づかないほどの差ですし、実用上はほとんど問題ないでしょう。

スバルXVラゲッジ
https://www.media.subaru-global.com

カレコのXVはアイサイトを装備

そしてスバルといえば、「ぶつからないクルマ」のフレーズで有名になったアイサイトですね。カレコのXVにはこのアイサイトVer.2が搭載されています。

これはフロントウインドウ上部にふたつのCCDカメラを搭載して前方を監視。障害物にぶつかりそうになると自動でブレーキをかけて衝突を回避してくれます。

また、高速道路などで一定の車速を保って走行し、前車が減速するとそれに合わせて減速、完全停止まで制御してくれる「全車速追従機能付きクルーズコントロール」という便利な機能もあります。これは実際に使ってみると本当に便利ですよ。

料金はカレコ・カーシェアリングクラブがかなりお得

コンパクトで扱いやすいボディサイズながら、流行りのSUVスタイルが楽しめるXVは、ちょっと気分を変えたいお出かけなどにはピッタリですね。4WDというのも、悪天候の時にはとても安心です。

タイムズカープラスではプレミアムクラス扱いなので15分で412円、カレコ・カーシェアリングクラブではミドルクラスとなり10分150円です。こうやってみると、XVはカレコで借りたほうがお得ですね。しかも、アイサイトが搭載されているというメリットもあります

他にもカーシェアとレンタカーの情報は、カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH(ドライブゴーサーチ)で調べてみましょう。

シェアする
カレコ 新バナー