カーシェアリング

タイムズカーシェアの「レール&カーシェア」戦略とは!

シェアする

レール&カーシェアとは

PEXELS

ここ数年で急成長した我が国のカーシェア市場には、人口の多い首都圏などの駅前の時間貸し駐車場にカーステーションを設置できたことが、その成功の大きな要因と考えられています。事実、後発組の三井不動産グループのカレコなどは、首都圏特化型のカーシェアリングサービスとして、首都圏ではタイムズカーシェアを猛追しているところです。

このようなことから、首都圏ではタイムズカーシェアやカレコ、オリックスカーシェアのシールが貼ってあるクルマを見かけることは珍しくなくなりましたが、地方に行くと必ずしもカーシェアが普及しているというわけではありません。

地方では、場所にもよりますが、一般的には首都圏と比べると駐車場コストという面では格段に安いところが多いのですが、人口の問題から、首都圏ほどの利用者が見込めないということなのでしょうが、現時点では、地方に積極的に進出しているのは、トップシェアを誇るタイムズカーシェアのみというところです。

そんなタイムズカーシェアが、地方で採用している戦略の一つに「レール&カーシェア」があります。駅や空港というと、これまではレンタカーというのが定番でしたが、カーシェアの普及により、レンタカーとカーシェアの垣根がなくなりつつあり、駅にもカーシェアリングサービスをというものです。

 

カレコ 新バナー

カーシェアの利便性が出張族に受ける

https://blog.careco.jp/6275

出張の際には、駅や空港から客先に出向く場合、タクシーを利用するかレンタカーを利用するというのが一般的でしたが、タクシーの場合には、タクシー料金の問題もありますが、行きは比較的簡単に乗れますが、顧客先からタクシーを捕まえるのに苦労することが多くあります。

特に、工場系の場合などのように比較的駅から離れているところにあることも多く、今はやりのタクシーアプリを使っても簡単にはつかまりません。このようなケースでは、最初からレンタカーを検討することになりますが、何せ手続きが面倒で、給油して返却しなければなりません。

こんな場合に、ネットで予約して無人対応で簡単に借りられるカーシェアが利用できたら、出張族にとってはこれほど助かることもはないでしょう。事実、このような理由で、地方の駅近くのカーシェアリングサービスは出張などのビジネスマンに人気となっているのです。

駅に近くにカーシェアがあるところでは、タクシー、レンタカーという選択肢からは、カーシェアが選ばれる可能性はかなり高いでしょう。

 

レール&カーシェアのサービス

pexels

レール&カーシェアを利用することで、駅や空港からの二次交通の心配はほとんどなくなりますが、それだけにとどまらず、様々なサービスが提供されています。

代表的なサービスをいくつかご紹介します。

 

Suicaレール&カーシェア

タイムズカーシェア公式サイト

Suicaレール&カーシェアとは、JR東日本のSuicaを利用した人を対象とするサービスで、タイムズカーシェアの利用料金の優待サービスが受けられます。また、自分の「Suica」を登録することで、カーシェアサービスのドアロック解除が可能となる「個人認証登録機能」が利用可能です。

JR東日本を利用する人ならかなりの確率でSuicaを利用しているでしょうが、このSuicaで支払いうことで割引が受けられ、かつ、Suicaを会員カード代わりに使えるということになります。

 

タイムズカーシェア×JR西日本グループ レール&カーシェア

タイムズカーシェア公式サイト

タイムズカーシェアとJR西日本との提携により、タイムズカーシェア会員であれば、JR西日本主要駅(駅レンタカー店舗近接)でカーシェアを利用することができます。また、ICOCAを登録することで、カーシェア車両のドアロック解除が可能となる「個人認証登録機能」が利用可能となります。

また、一部の対象ステーションでは、ICOCAでJR線を利用するとカーシェア利用料金が206円割引される優待サービスも実施されています。

 

京急レール&カーシェア

タイムズカーシェア公式サイト

京急レール&カーシェアは、PASMOで京急線を利用した人を対象としたサービスで、京急沿線にある対象ステーションを利用した場合に、カーシェア利用料金が206円優待されるサービスです。他の鉄道同様に、目的地近くまでは京急で、目的地まで(二次交通)はカーシェアという利用方法です。

 

小田急レール&カーシェア

タイムズカーシェア公式サイト

小田急レール&カーシェアも、PASMOで小田急線を利用した人を対象にしたサービスで、小田急線沿線にある対象ステーションを利用した場合に、カーシェア料金206円が勇退されるサービスです。こちらも目的近くまでは小田急線で、目的地まではカーシェアでという利用方法です。

 

その他、JR四国レール&カーシェア、EX-ICレール&カーシェア(エクスプレス予約)、はやかけんレール&カーシェア(福岡市交通局)、icscaレール&カーシェア(仙台市交通局)、nimocaレール&カーシェア(西鉄電車)のレール&カーシェアがあります。

 

レール&カーシェアで優待サービスを受けるには

優待サービスが受けられるレール&サービスの場合、タイムズカーシェアの貸出日に鉄道(電車・地下鉄など)を利用した人が対象となります。キップを利用した場合は対象外です。

また、優待サービオスを受けるには簡単に申請する必要があります。手順はごく簡単です。

1.カードでタイムズカーシェアの車両を解錠する

タイムズカーシェア公式サイト

2.カーナビのメニューから「レール&カーシェア優待サービス」のボタンを押します

タイムズカーシェア公式サイト

3. Suicaなどのカードで、1.と同じシールにタッチします

タイムズカーシェア公式サイト

4.ナビに、「料金優待を適用します」とでますので「はい」のボタンを押します

タイムズカーシェア公式サイト

これで完了です。

 

まとめ

首都圏などの需要が大きいところでは、放っておいてもカーシェア利用者は増えていくでしょうが、地方の場合には、需要のある首都圏などとは違った戦略が必要なのかもしれません。

そんな意味からは、タイムズカーシェアの「レール&カーシェア」サービスは、カーシェアの二次交通利用ということで需要も多いでしょうし、鉄道各社と提携することで様々なサービスも提供されるようになります。

まだ始まったばかりでこれからは全国各地で展開されていきそうですが、今後ますますカーシェアリングサービスが、魅力あるサービスとなって全国に広がっていきそうです。

そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH』で探してみることをおすすめします!

 

シェアする
カレコ 新バナー