カーシェアリング

クルマのリセールバリューとは!気になるランキングも

シェアする

リセールバリューって何!

木の車と電卓
https://www.photo-ac.com/

リセールバリューとは、「再販価格」のことでクルマの世界では中古車としての価値、新車の場合には残価率のことを意味します。つまり、リセールバリューとは今まで乗っていたマイカーを下取りに出したり、車買取業者などに売りに出す際の価値の指標となります。

新車を購入する際にはこのリセールバリューを気にする人も多いですが、リセールバリューはクルマの種類や年代、ボディカラー、走行距離や装備、その時の車種の人気具合などによって変動しますので、購入する時点でのリセールバリューはあくまで推測となります。

リセールバリューは、一般的にはクルマを新車として購入してから3年後(車検の時期)の売却金額になることがほとんどで、3年後に走行距離が3万キロのクルマの売却金額は新車価格の40~60%くらいになることが多いといわれています。

例えば、同じ300万円の新車を購入したとしても、3年後にほぼ同じ条件であったと仮定しても(事故無し、走行距離3万キロなど)、リセールバリューの高いクルマは300万円×60%前後の価値があり、リセールバリューの低いクルマの場合には300万円×40%前後の価値しかないということです。

多くの方はその後に買い替えを検討するでしょうから、リセールバリューの高いクルマはその際には非常に有利な価格が期待できるということになります。

 

リセールバリューの高いクルマってどんなクルマ?

 

単純なお話で行くと、言うまでもなく人気の高い新車の場合にはリセールバリューは高いと考えてよいでしょう。欲しいという人が多くいて人気化するわけですから当然です。

特に、新車では手が出ないが、中古車となって少し価格が下落したところを購入したいというニーズは結構ありますので、下取りや買取に出す場合にも有利な価格がつきやすくなります。

最近の傾向としては、ミニバン、SUV、コンパクトカーなどの新車として人気の高い車種はそれなりにリセールバリューが高くなります。

また、モデルチェンジのサイクルが長く、モデルチェンジしてもイメージがそれほど変わらないような車種も旧モデルに乗ることに抵抗があまりないためリセールバリューは高いと考えてよいでしょう。最近モデルチェンジしましたが、トヨタのアクアのようにモデルチェンジする必要性がほぼなかったような車種は、中古車市場でも人気の高い車種でした。

このように、リセールバリューが高く、下取りや車売却の際に高額査定が出やすいクルマにはいくつかの条件があります。それでは、リセールバリューの高いランキング順に見ていきましょう。

 

アルファード/ヴェルファイア

キング・オブ・ミニバン アルファード
https://newsroom.toyota.co.jp/jp/

リセールバリューランキングでトップを走り続けるのがトヨタのアルファード/ヴェルファイアです。言うまでもありませんが、大人気のミニバンです。

リセールバリューの高い理由としては、乗車定員や荷物の積載量などクルマ自体の魅力もさることながら、新車としての価格が高く、ほしくてもなかなか手が出ないという人でも中古車なら購入できそうという人が非常に多いからです。

モデルチェンジの間隔は他のミニバンに比べると短いといえますが、外観がそれほど大きく変わっていないため、前のモデルであっつても人気を保っています。

アルファードとヴェルファイアは兄弟車となっていますが、外観に違いがあり、ミニバンの代名詞ともいえるアルファードのほうがよりリセールバリューという点では有利といえるでしょう。

 

SUV

C-HRフロント
https://newsroom.toyota.co.jp

以前から人気の高いSUVも、全体的にモデルサイクルが長いクルマが多いことや、モデルチェンジしても前のモデルのイメージが大きく変わらないことなどから、リセールバリューの高い車種となっています。

中でも、トヨタのランドクルーザー、ランドクルーザープラドやハリアーは新車としての人気が非常に高いことから、中古車になっても人気車となっており、買取りや下取りに出しても価格が下がりにくいクルマといわれています。

また、ランドクルーザーなどは海外でも非常に人気の高いクルマであるために、そのこともリセールバリューを引き上げることになっています。

 

ハイブリッドカー

プリウス
https://newsroom.toyota.co.jp

ミニバンやSUVほどではありませんが、超低燃費のハイブリッドカーもリセールバリューの高い車種と考えてよいでしょう。特に、ホンダフィットのようにハイブリッドとそうでない車種がある場合には、ハイブリッドカーのほうが値崩れしにくくなります。

もちろん、プリウスやアクアなどは超人気車種となり大量に売れていますので、中古市場にもそれなりの台数が出回っています。ただし、中古市場に出回っているのは低グレードからスタンダードタイプがほとんどなので、高グレードの車種はリセールバリューが高くなります。

とは言え、ガソリン代などの維持費まで考えると、ハイブリッドカーは中古車であっても重要は十分ありますので、売り時さえ間違わなければ満足できる金額で売却できることが多いでしょう。

 

軽自動車やコンパクトカーも安定したリセールバリューがあります

スズキ公式サイト

ハイブリッドではありませんが、燃費の良い軽自動車やコンパクトカーも非常に人気の高い車種となります。特に、軽自動車は税金も安く維持費のそれほどかからないことから、女性や高齢者などを中心に大人気車種となっています。

ワゴンR、アルト、ハスラーなどはリセールバリューも高いクルマといえるでしょう。

 

高級輸入車のリセールバリューってどうなの?

pexels

リセールバリューといえば、普通に考えると人気の高級輸入車なども高いのではと考えがちですが、実際はどうなのでしょう。

実は、輸入車を新車で購入した場合には、国産車の場合と比較するとリセールバリューは低いといわれています。理由は様々ですが、新車価格がもともと高すぎる、故障しやすい、維持費(部品代など)が高いなど、国産車と比べると不利な条件が多くあることが要因のようです。

ただし、中古市場に出回ると「5~6年落ちのベンツ」で有名なように節税対策としても利用されるくらいで、ベンツやBMWなどはリセールバリューも高くなります。

 

個人間カーシェアでも有利なミニバン、ハイブリッドカー、SUVなど

インフォグラフィック「データで見るAnyca (エニカ) の今」

今後、カーシェアリングサービスの一つとして成長が期待されている個人間カーシェアですが、国内最大手のAnycaによると、2018年で人気のあった車種は、1位BMW3シリーズ、2位ポルシェカイエン、3位アルファードとなっており、6位にプリウスが入っている以外は、ミニバンと高級輸入車が上位ランキングを独占している状態です。

アルファードなどのミニバンやプリウスは、通常でもリセールバリューは高いのですが、個人間カーシェアを利用することでさらにコストパフォーマンスをよくすることもできそうですね

 

 

まとめ

カーシェアを利用してクルマの利便性の高さを再確認し、クルマの購入を検討するというケースが増えてきていますが、購入を検討する際にはクルマのリセールバリューを知っておくと後々役立ちそうですね。

もっとも、自宅近くにカーステーションが存在する限りは、どう考えてもカーシェアリングサービスを利用したほうがコストパは比較にならないほど良いでしょうが!

そんなカーシェアリングを、あなたのお近くのカーステーションを探したり、レンタカーや他のカーシェアリング会社との料金比較ができる『カーシェアリング・レンタカー比較のDRIVE go SEARCH』で探してみることをおすすめします!

 

 

 

 

シェアする